マンション経営,マンション投資,株式会社グッドヒル

マンション経営を簡単にいえば、ひとつの「事業」です。「事業」をするには「経費」が認められます。
不動産には固定資産税や管理費、ローンの利息分など多くの必要経費が認められ、また実際の出費を伴わない「減価償却費」の計上も認められています。その結果、不動産収入より経費の方が上回って、帳簿上赤字になることがあります。
この不動産所得の赤字を確定申告によって給与所得などから赤字分を差し引くことができ、所得税や住民税の還付を受けることができます。これが「節税」となるのです。
もちろんこの仕組みは税法上認められているので、利用することに何ら問題もありません。また損益通算を利用した節税ができる一般の金融商品は、不動産投資以外ないのが大きな魅力といえるでしょう。
給与所得と不動産所得を「損益通算」して確定申告することで節税が出来る。
マンション経営を行う場合は、家賃収入が不動産所得となり、必要経費が計上出来ます。
ローンの支払利息(建物部分)、修繕費、固定資産税や実際には支払いの生じない建物の減価償却費など、様々な費用が経費として認められています。 この必要経費が家賃収入を上回る場合赤字の不動産所得を申告する事になります。
税法第69条「損益通算」する事で課税所得が下がり、所得税や住民税が軽減されるので、特にガラス張り税制の給与所得者にとってはうれしい節税効果になります。
相続税・贈与税の節税対策としても、マンション経営は有利になります。
まず、相続税の場合、現金や更地が最も高く評価されるのに対し、賃貸マンションは相続税評価額が大幅に下がり、相続税が軽減されます。さらに、資産運用マンションは、物件そのものに加え、収益力も相続できるというメリットもあります。そして家賃収入という将来の収益力には当然相続税はかかりません。
家族で家賃を分け合うことも出来ますし、売却することも可能です。将来の資産形成が期待できる非常に喜ばれる相続財産なのです。
このページのTOPヘ
株式会社グッドヒル 〒540-0037 大阪府大阪市中央区内平野町2-3-14 ライオンズビル大手前9F  フリーダイヤル(0120)786-784