マンション経営,マンション投資,株式会社グッドヒル

ゆとりのある老後生活を送るためのいわゆる"セカンドライフマネー"は、約1億円だと言われています。
月額にして実に35万円〜40万円強。定年退職すれば、公的年金が得られるだけでなく、退職金や企業年金などの臨時収入、またこれまでに貯蓄してきた個人資金もあるでしょう。
しかし、それらの収入だけでセカンドライフマネーとされる1億円に達することができるでしょうか。
◆年収別セカンドライフの生活費の目安◆
世帯税込み年収
最低日常生活
(月額)
ゆとりある生活費
(月額)
500万円〜700万円未満
23.0万円
38.0万円
700万円〜1000万円未満
23.9万円
38.1万円
1000万円〜
25.9万円
42.0万円
おそらくは、ほんのひとにぎりの方でしょう。だからといって、今から不足分を貯蓄すると言っても、簡単に追い付く額ではありません。しかし、マンション経営に基づく安定収入があれば、今から日々の生活を切り詰める必要もなく、しかも長期に渡って家賃収入を得ることができるので、豊かなセカンドライフに期待が持てます。
「マンション経営」という名の「資産」は、通常年収から差し引かれる税金の節税役から始まり、安定収入をもってローンの返済を助けます。ローンを返済し終わった時点で、今度は「固定収入」として生活を支えてくれるようになります。
万一の時にも、大切な人たちを守ってくれる、実で安心できる存在として、オーナー様の老後をも、豊かで未来あるものとして支えつづけてくれます。「マンション」経営は、実に様々な顔を持っています。しかも、その顔は終始オーナー様に微笑み続ける、「安心・安定」の笑顔なのです。
● 大阪府の調査によると老後にゆとりある生活をするためには
 
月額約39万円必要


● 夫婦二人の平均的な厚生年金支給額は月額約24万円
 
差引き15万円の不足


● 金融資産により月額15万円の利息を得る為には
※高金利時代  ⇒ 3600万円 ×0.5% ÷ 12ヶ月 = 15万円/月
※超低金利時代 ⇒ 6億円    ×0.3% ÷ 12ヶ月 = 15万円/月
【期間10年の大口定期預金の金利】
このページのTOPヘ
株式会社グッドヒル 〒540-0037 大阪府大阪市中央区内平野町2-3-14 ライオンズビル大手前9F  フリーダイヤル(0120)786-784