マンション経営,マンション投資,株式会社グッドヒル

厚生年金の積立金は2030年代の前半には枯渇すると言われていますが、
公務員の共済年金もいよいよ厚生年金と統合されることとなりましたので、
私も退職後は安定した収入が得られるのか、非常に不安に思っておりました。

かと言って、個人年金保険に加入しても結局自分の払い込んだ金額相応の支払しか受けられませんので、
老後の年金対策としてはひたすら預貯金を増やすということしかしておりませんでした。

グッドヒルさんのご提案は、多少のリスクを背負ってでもそれを補って余りあるメリットを
享受した方が良いとのことでしたが、
最大のメリットはマンションからの家賃収入が将来の私的年金代わりになるということでした。

確かに預貯金はいくら持っていてもそれを何らかの機会に使い切ってしまえばそれで終わりですが、
収益マンションであれば、家賃収入は半永久的に得られます。

また、今後インフレになれば預貯金の価値は目減りしますが、実物資産であるマンションであれば
インフレになってもその価値が目減りすることはありません。

ですので、グッドヒルさんの提案を機に、預貯金に偏っていた金融資産のポートフォリオを見直すこととしました。

最終的に4戸のオーナーとなりましたが、預貯金の一部を頭金として入れましたので、
ローンの金利も最低金利が適用され、年間収支もプラスにすることができました。
このページのTOPヘ
株式会社グッドヒル 〒540-0037 大阪府大阪市中央区内平野町2-3-14 ライオンズビル大手前9F  フリーダイヤル(0120)786-784